HOME > お薬コラム一覧 > 第3回〈漢方特集〉生薬・漢方の原点に返る

『生薬・漢方の原点に返る』

= 民間薬は 生薬が原料 実は生薬や漢方製剤は身近にあって、大変なじみ深いものです。
たとえば、よく見かける薬草のセンブリ、ゲンノショウコ、ドクダミは、探せばどこにでもありますが、実は「日本三大民間薬」とも言われています。
庶民大衆により伝承されてきた薬が民間薬であり、天然成分=植物起源のきぐすり=生薬がほとんどです。
下痢、腹痛に効く「センブリ」に加え「ゲンノショウコ」という現に証拠になるという呼び名の民間薬もすでにご存じかと思います。


さらには、皮膚の湿疹、かぶれ等に効く「ドクダミ」が三大民間薬といわれます。
秩父のお山には整腸剤の「キハダ」が自生しています。
各家庭にも、傷や発熱に「アロエ」や「ヨモギ」、喉痛みに「ナンテン」、そして痔に「イチジク」などが植えてあるお宅は多いと思います。
昔からの庭のある家のまわりに植えられたものは、ほとんどが、民間薬として使われたものであり、「南天のど飴」 や「龍角散」のように、商品化されたものもあります。


・・・センブリ・・・・
下痢や腹痛の他に、センブリの血行促進作用により「育毛効果」があるのではと言われています。
従って、育毛スプレーやシャンプーの中にセンブリ抽出エキスが含有していることがあります。
過去本試験問題では、次の例のように、胃薬の生薬成分として登場します。
「リンドウ科のセンブリの開花期の全草を基原とする生薬で、苦味による健胃作用を期待して用いられる。」
「日本薬局方収載のセンブリ末は、健胃薬のほか止瀉薬としても用いられる。」


日常生活に近い生薬・漢方を知ることで、自分の生活に実際に取り入れている方も多いのでは??
試験では、生薬・漢方の由来から効果まで幅広く問われますので、この機会に学習しておくとよいでしょう!



↓第2回「飲み合わせ」の答え合わせは下記のとおりです。↓

  1. アルコール(酒類)をよく摂取する人では、肝臓の代謝機能が低下しており、そのためアセトアミノフェンは薬効を発揮できないことがある。
    ⇒普段からアルコールを頻繁に摂取している人は、肝臓の代謝機能が高まっていることが多く、アセトアミノフェンなどの成分が通常よりも代謝されやすいため、体内から速く医薬品が消失して十分な薬効が得られなくなることがあります。
    答えは「×」
  2. アルコールは胃や腸から吸収され、肝臓に運ばれてからまず酢酸に代謝され、さらに代謝が進んでアセトアルデヒドになって排泄される。
    ⇒胃や小腸で吸収されるが、肝臓へと運ばれて一度アセトアルデヒドに代謝されたのち、さらに代謝されて酢酸となる。
    答えは「×」
  3. カフェインは胃液分泌亢進作用があるため、胃腸障害を起こすことはないが、尿を出やすくする利尿作用がある。
    ⇒カフェインの安全使用の観点から留意すべき作用に、胃液分泌亢進作用があり、その結果、副作用として胃腸障害(食欲不振、悪心・嘔吐)が現れることがある。
    答えは「×」
  4. 貧血用薬(鉄剤)を服用すると、よく便が黒くなることがあるが、鉄剤の服用前後にコーヒーや緑茶を摂取すると鉄の吸収が良くなることがある。
    ⇒貧血用薬(鉄製剤)は、服用の前後30分以内にタンニン酸を含む飲食物(緑茶や紅茶、コーヒー等)を摂取すると、タンニン酸と反応して鉄の吸収が悪くなることがあるため、服用前後はそれらの摂取を控える必要があります。
    答えは「×」
お薬コラム
第1回 試験によく出るポイント (1)『プラセボ効果』
第2回 試験によく出るポイント (2)『飲み合わせ』
第3回 〈漢方特集〉生薬・漢方の原点に返る
第4回 〈漢方特集〉男の漢方‐夏の食とおすすめ漢方
第5回 〈漢方特集〉女の漢方-夏本番「気」を鎮める方向が一番
第6回 〈漢方特集〉知って得する「肝臓とカンゾウ(甘草)」
第7回 臓器の活躍に注目。「膵臓」の重要性!
第8回 グレープフルーツだけじゃない?医薬品の作用に影響を与える柑橘類とは
第9回 薬との相互作用があるシメチジン、本当は使いやすい薬?
第10回 喘息治療を受けている人はご用心!? カフェインと喘息治療薬について
第11回 長引く風邪には葛根湯より他の漢方薬を選ぶ方がいい!?
第12回 吐き気、二日酔いにも漢方薬が効く!?
第13回 漢方薬の選択は人それぞれ違う!?
第14回 めまいと漢方薬は相性がいい!?
第15回 ノロウイルスは漂白剤でやっつける?
第16回 てんぷらのお供の大根おろしは消化剤?
第17回 ニコチン置換療法だけじゃない!? 禁煙をサポートする飲み薬とは?
第18回 止まらない咳の原因は胃酸だった!?
第19回 花粉症治療薬と胃薬、関わる体内物質はどちらもヒスタミン?
第20回 目薬をさした後に苦みを感じたら要注意かも!?
第21回 飲み薬じゃなくても胃痛・胸やけはあらわれる!?
第22回 腎臓の働きと逆転の発想で生まれた糖尿病治療薬
第23回 骨を丈夫にする治療は年一回の時代へ(?)
第24回 頭痛にも漢方薬が効果あり?
第25回 薬害を引き起こしたサリドマイドの意外(?)な領域での復活
第26回 多くの人の人生を狂わす覚醒剤はもともと「エフェドリン」!?
第27回 一般用医薬品と医療用医薬品、同じ成分でも使用目的は異なる?

ページの先頭へ戻る