HOME > お薬コラム一覧 > 第6回〈漢方特集〉知って得する「肝臓とカンゾウ(甘草)」

『知って得する「肝臓とカンゾウ(甘草)」』

試験にも日常生活にも、役立つ「からだ」と「くすり」の解説をお届け致します。
体の中には、大変働き者でありながら悲鳴を上げない=おとなしい=沈黙の臓器がしっかり連携しています。 これは消化という大事な仕事を皆で連携=一致協力しており、効率のよい並び(分担)になっているのです。


さて、「かんぞう」という言葉ですぐ思い浮かぶのが横隔膜近くにある「肝臓」ですが、「甘草(カンゾウ)」という、漢方で用いられる植物も大変重要なキーワードです。


肝臓は、消化器中最大の臓器で、実にたくさんの仕事を担っています。なので、生体の「化学工場」と呼ばれています。大まかに次のような化学変換を行っています。

  1. 異化(外部栄養の分解)
  2. 同化(内部必要成分の合成)
  3. 異物の解毒(酸化還元)
  4. 貯蔵(グリコーゲン:脂溶性ビタミン類)

肝臓の機能が多岐にわたっているため、どれか一つでも痛んでしまうと、病気になってしまいます。肝臓の代表的病気は、消化器疾患(肝炎+肝不全+黄疸+等々)のところを復習しておきましょう。


肝臓の病気の中では、「黄疸」と「ウイルス性肝炎」が試験によく出題されます。
黄疸の原因物質は、コレステロールから動員(合成)された「胆汁酸」であって、「胆のう」に蓄えられています。 従って、肝臓⇒胆管⇒胆のう⇒十二指腸⇒大腸 が消化吸収の流れ作業です。


肝臓の病気は、その程度によって分類されています。
黄疸(ウイルス性肝炎、肝不全)、肝硬変、肝癌となっていきます。 肝臓の病気は、意外にもからだのどこか(皮膚や爪、目)に見える形で進行します。


漢方薬の中には、肝臓をいたわるものもありますが、 漢方自体も生体の異物に変わりありませんので、必要以上の摂取は、 肝不全や肝炎を引き起こします。 多くの漢方処方で使用されるカンゾウ(甘草)も、飲み過ぎた場合には、 肝不全や間質性肺炎(肺の細胞の破壊)を引き起こすことがあります。


カンゾウの成分として重要なものは、グリチルリチン酸です。 これが、幅広い抗炎症作用を示します。その化学構造が、ステロイドに似ていますので、 使い方やしてはいけないこと、使用上の注意が沢山ありますので、 重要なチェックポイントです。


特に、当社オリジナルテキストにおける、第3章の<風邪薬>を復習して、 他の抗炎症成分についても比較しておきましょう!

お薬コラム
第1回 試験によく出るポイント (1)『プラセボ効果』
第2回 試験によく出るポイント (2)『飲み合わせ』
第3回 〈漢方特集〉生薬・漢方の原点に返る
第4回 〈漢方特集〉男の漢方‐夏の食とおすすめ漢方
第5回 〈漢方特集〉女の漢方-夏本番「気」を鎮める方向が一番
第6回 〈漢方特集〉知って得する「肝臓とカンゾウ(甘草)」
第7回 臓器の活躍に注目。「膵臓」の重要性!
第8回 グレープフルーツだけじゃない?医薬品の作用に影響を与える柑橘類とは
第9回 薬との相互作用があるシメチジン、本当は使いやすい薬?
第10回 喘息治療を受けている人はご用心!? カフェインと喘息治療薬について
第11回 長引く風邪には葛根湯より他の漢方薬を選ぶ方がいい!?
第12回 吐き気、二日酔いにも漢方薬が効く!?
第13回 漢方薬の選択は人それぞれ違う!?
第14回 めまいと漢方薬は相性がいい!?
第15回 ノロウイルスは漂白剤でやっつける?
第16回 てんぷらのお供の大根おろしは消化剤?
第17回 ニコチン置換療法だけじゃない!? 禁煙をサポートする飲み薬とは?
第18回 止まらない咳の原因は胃酸だった!?
第19回 花粉症治療薬と胃薬、関わる体内物質はどちらもヒスタミン?
第20回 目薬をさした後に苦みを感じたら要注意かも!?
第21回 飲み薬じゃなくても胃痛・胸やけはあらわれる!?
第22回 腎臓の働きと逆転の発想で生まれた糖尿病治療薬
第23回 骨を丈夫にする治療は年一回の時代へ(?)
第24回 頭痛にも漢方薬が効果あり?
第25回 薬害を引き起こしたサリドマイドの意外(?)な領域での復活
第26回 多くの人の人生を狂わす覚醒剤はもともと「エフェドリン」!?
第27回 一般用医薬品と医療用医薬品、同じ成分でも使用目的は異なる?

ページの先頭へ戻る