HOME > お薬コラム一覧 > 第8回 グレープフルーツだけじゃない?医薬品の作用に影響を与える柑橘類とは

グレープフルーツだけじゃない?医薬品の作用に影響を与える柑橘類とは

以前も医薬品の「相互作用」を取り上げましたが、今回はおさらいです!
私達が普段何気なく摂取している食品も医薬品の効果(効き目)を左右する要因となる場合があります。
薬の作用に対して、他の薬や食品などが影響を及ぼし作用が増強したり、減弱したりすることを一般的に相互作用と呼んでいます。
高血圧治療をされている方はご存知かもしれませんが、ある種類の高血圧治療薬(降圧剤)を服用中にグレープフルーツなどの柑橘類を摂取すると、降圧剤の作用が過度にあらわれ血圧が必要以上に下がり過ぎる可能性があります。


もちろん全ての降圧剤に当てはまるわけはなく、主にカルシウム拮抗薬という種類に分類される薬において、その中のいくつかの薬に比較的相互作用があらわれやすいものがあります。
また、全ての柑橘類が影響を与えるわけではなく、普通のミカン(うんしゅうミカン)などは問題ないと考えられています。


柑橘類の中では、グレープフルーツが最もカルシウム拮抗薬に影響を与える可能性が高いとされていますが、ブンタンやダイダイ、グレープフルーツと他の柑橘類を掛け合わせてできたスウィーティーなども少なからず影響を与える可能性があると考えられています。
グレープフルーツは、カルシウム拮抗薬以外にもシクロスポリン(免疫抑制薬)やカルバマゼピン(てんかん治療や疼痛緩和などに使われる薬)などの薬の作用に対しても影響を与えることが確認されています。


★腕試し
医薬品の相互作用に関する記述の内、正しいものはどれか回答しましょう。

  1. 高血圧治療薬(降圧剤)のカルシウム拮抗薬を飲んでいる場合、柑橘類を摂取すると、相互作用により必要以上に血圧が下がりやすくなる可能性がある。
  2. グレープフルーツはある種の降圧剤の作用に影響を与える為、高血圧治療を受ける際に注意喚起を行えば問題ない。
  3. 薬の相互作用には薬と薬だけでなく薬と食品といった相互作用もあるが、食品は薬に比べて相互作用に対する影響が少ないため問題にならない。
  4. 病院やクリニックなどの医療機関で薬が処方されている場合、一般用医薬品と併用しても問題がないかを考えるにあたり、相互作用だけを考えればよい。
  5. 薬の相互作用は2種類以上の薬を併用あるいは特定の食品と一緒に摂取した場合に薬の作用が増強することである。

↓解答・解説はこちら↓

  1. 高血圧治療薬(降圧剤)のカルシウム拮抗薬を飲んでいる場合、柑橘類を摂取すると、相互作用により必要以上に血圧が下がりやすくなる可能性がある。
    ⇒正答「○」 柑橘類の中でもグレープフルーツは薬への相互作用が大きい食品とされています。
    全ての柑橘類が問題となるわけではなく、また薬によっても影響を受ける度合いが異なります。
  2. グレープフルーツはある種の降圧剤の作用に影響を与える為、高血圧治療を受ける際に注意喚起を行えば問題ない。
    ⇒正答「×」 カルシウム拮抗薬は、高血圧治療以外にも心不全など、他疾患の治療薬となる場合があります。
    また、グレープフルーツが影響を与える可能性があるのは、カルシウム拮抗薬だけでなく、シクロスポリンなど色々な薬に対する相互作用が確認されています。
  3. 薬の相互作用には薬と薬だけでなく薬と食品といった相互作用もあるが、食品は薬に比べて相互作用に対する影響が少ないため問題にならない。
    ⇒正答「×」 薬と食品でも相互作用の影響が大きいこともあります。
    例えば、抗凝固薬のワルファリンカリウムと納豆など、ビタミンKを多く含む食品などが挙げられます。
  4. 病院やクリニックなどの医療機関で薬が処方されている場合、一般用医薬品と併用しても問題がないかを考えるにあたり、相互作用だけを考えればよい。
    ⇒正答「×」 相互作用の他、処方薬との成分の重複、医療機関で受けている治療への影響なども考慮する必要があります。
  5. 薬の相互作用は2種類以上の薬を併用あるいは特定の食品と一緒に摂取した場合に薬の作用が増強することである。
    ⇒正答「×」 薬の相互作用によって薬の作用が増強する場合もあれば、減弱することもあります。
お薬コラム
第1回 試験によく出るポイント (1)『プラセボ効果』
第2回 試験によく出るポイント (2)『飲み合わせ』
第3回 〈漢方特集〉生薬・漢方の原点に返る
第4回 〈漢方特集〉男の漢方‐夏の食とおすすめ漢方
第5回 〈漢方特集〉女の漢方-夏本番「気」を鎮める方向が一番
第6回 〈漢方特集〉知って得する「肝臓とカンゾウ(甘草)」
第7回 臓器の活躍に注目。「膵臓」の重要性!
第8回 グレープフルーツだけじゃない?医薬品の作用に影響を与える柑橘類とは
第9回 薬との相互作用があるシメチジン、本当は使いやすい薬?
第10回 喘息治療を受けている人はご用心!? カフェインと喘息治療薬について
第11回 長引く風邪には葛根湯より他の漢方薬を選ぶ方がいい!?
第12回 吐き気、二日酔いにも漢方薬が効く!?
第13回 漢方薬の選択は人それぞれ違う!?
第14回 めまいと漢方薬は相性がいい!?
第15回 ノロウイルスは漂白剤でやっつける?
第16回 てんぷらのお供の大根おろしは消化剤?
第17回 ニコチン置換療法だけじゃない!? 禁煙をサポートする飲み薬とは?
第18回 止まらない咳の原因は胃酸だった!?
第19回 花粉症治療薬と胃薬、関わる体内物質はどちらもヒスタミン?
第20回 目薬をさした後に苦みを感じたら要注意かも!?
第21回 飲み薬じゃなくても胃痛・胸やけはあらわれる!?
第22回 腎臓の働きと逆転の発想で生まれた糖尿病治療薬
第23回 骨を丈夫にする治療は年一回の時代へ(?)
第24回 頭痛にも漢方薬が効果あり?
第25回 薬害を引き起こしたサリドマイドの意外(?)な領域での復活
第26回 多くの人の人生を狂わす覚醒剤はもともと「エフェドリン」!?
第27回 一般用医薬品と医療用医薬品、同じ成分でも使用目的は異なる?

ページの先頭へ戻る