HOME > お薬コラム一覧 > 第9回 薬との相互作用があるシメチジン、本当は使いやすい薬?

薬との相互作用があるシメチジン、本当は使いやすい薬?

薬の作用に対して、他の薬や食品などが影響を及ぼし、作用が増強したり減弱したりすることを一般的に相互作用と呼んでいますが、この相互作用に深く関わるのが薬物代謝酵素と呼ばれる体内物質です。 薬物代謝酵素はその名の通り、体内で薬物を代謝することによって薬を体外に排泄するなどの役割を果たします。
薬の中には、薬物代謝酵素の働きを強めたり弱めたりするものがあります。


胃酸分泌抑制薬のシメチジンは、薬物代謝酵素に影響を与える代表的な薬の一つです。
シメチジンはH2受容体拮抗薬(通称:H2ブロッカー)と呼ばれる種類の薬で通常、消化性潰瘍や逆流性食道炎などの治療で使われ、医療用医薬品だけでなく一般用医薬品の成分としても使われています。
シメチジンは他の薬の作用に対して影響を与える可能性があり、主に薬物代謝酵素であるCYP(シトクロムP450)を阻害することに起因します。(その他、胃酸分泌抑制作用により他の薬の吸収に影響を与えることなども考えられます)


他の薬に影響を与えるということで一見すると使い勝手が悪いようなイメージを持つかもしれませんが、臨床においてシメチジンは、 先に挙げた消化器疾患以外にも意外な活躍をしています。
例えば、石灰沈着性腱板炎という肩などの痛みに対して使われることがあります。
これはシメチジンなどのH2ブロッカーに炎症の原因となるカルシウムの再石灰化を防ぐ効果が期待できるからです。
他にもじんましんの時に抗ヒスタミン薬に対する補助的治療薬として使われる場合があるなど幅広く活躍しています。


★腕試し
医薬品の相互作用に関する記述の内、正しいものはどれか選び回答しましょう。

  1. 腸で溶けるように造られている腸溶錠は、シメチジンやファモチジンなどの胃酸を抑える薬と一緒に飲んでも問題ない。
  2. 病院から処方された抗菌薬(抗生物質)を服用している場合、胃を荒らさないために念のためスクラルファートを含む胃薬を飲むことは有益である。
  3. 抗凝固薬で治療を受けている人にはさらなる健康増進のため青汁などのビタミンKが含まれている食品を勧めるべきである。
  4. シメチジンはある特定の薬物代謝酵素を阻害するため、同じ分子種で代謝される薬物の併用には特に注意が必要となる。
  5. アルコールと薬を一緒に摂取した場合、薬の作用が著しく増強される可能性もあり危険である。

↓解答・解説はこちら↓

  1. 腸で溶けるように造られている腸溶錠は、シメチジンやファモチジンなどの胃酸を抑える薬と一緒に飲んでも問題ない。
    ⇒「×」 胃酸分泌抑制作用をあらわす薬によって、胃内pHが上昇し、腸溶錠の吸収などに影響を与える可能性が考えられます。
  2. 病院から処方された抗菌薬(抗生物質)を服用している場合、胃を荒らさないために念のためスクラルファートを含む胃薬を飲むことは有益である。
    ⇒「×」 有益であることも考えられるが、もしも処方された抗菌薬(抗生物質)がニューキノロン系抗菌薬やテトラサイクリン系抗菌薬である場合、スクラルファートに含まれるアルミニウム(Al)によって、これらの抗菌薬の吸収が低下し、抗菌作用が減弱する可能性などの不利益があらわれることも考えられます。
  3. 抗凝固薬で治療を受けている人にはさらなる健康増進のため青汁などのビタミンKが含まれている食品を勧めるべきである。
    ⇒「×」 もしも抗凝固薬がワルファリンカリウムであった場合、ビタミンK含有食品の摂取により抗凝固作用が減弱する可能性があり非常に危険です。
  4. シメチジンはある特定の薬物代謝酵素を阻害するため、同じ分子種で代謝される薬物の併用には特に注意が必要となる。
    ⇒「○」 シメチジンはシトクロムP450(CYP)のうち、主にCYP2D6やCYP3A4といった分子種を阻害するため、これらの酵素により代謝される薬物との併用には特に注意が必要となります。
  5. アルコールと薬を一緒に摂取した場合、薬の作用が著しく増強される可能性もあり危険である。
    ⇒「○」 薬の中でも特にトリアゾラム(睡眠導入剤)などはアルコールの影響を受けやすい薬とされています。
お薬コラム
第1回 試験によく出るポイント (1)『プラセボ効果』
第2回 試験によく出るポイント (2)『飲み合わせ』
第3回 〈漢方特集〉生薬・漢方の原点に返る
第4回 〈漢方特集〉男の漢方‐夏の食とおすすめ漢方
第5回 〈漢方特集〉女の漢方-夏本番「気」を鎮める方向が一番
第6回 〈漢方特集〉知って得する「肝臓とカンゾウ(甘草)」
第7回 臓器の活躍に注目。「膵臓」の重要性!
第8回 グレープフルーツだけじゃない?医薬品の作用に影響を与える柑橘類とは
第9回 薬との相互作用があるシメチジン、本当は使いやすい薬?
第10回 喘息治療を受けている人はご用心!? カフェインと喘息治療薬について
第11回 長引く風邪には葛根湯より他の漢方薬を選ぶ方がいい!?
第12回 吐き気、二日酔いにも漢方薬が効く!?
第13回 漢方薬の選択は人それぞれ違う!?
第14回 めまいと漢方薬は相性がいい!?
第15回 ノロウイルスは漂白剤でやっつける?
第16回 てんぷらのお供の大根おろしは消化剤?
第17回 ニコチン置換療法だけじゃない!? 禁煙をサポートする飲み薬とは?
第18回 止まらない咳の原因は胃酸だった!?
第19回 花粉症治療薬と胃薬、関わる体内物質はどちらもヒスタミン?
第20回 目薬をさした後に苦みを感じたら要注意かも!?
第21回 飲み薬じゃなくても胃痛・胸やけはあらわれる!?
第22回 腎臓の働きと逆転の発想で生まれた糖尿病治療薬
第23回 骨を丈夫にする治療は年一回の時代へ(?)
第24回 頭痛にも漢方薬が効果あり?
第25回 薬害を引き起こしたサリドマイドの意外(?)な領域での復活
第26回 多くの人の人生を狂わす覚醒剤はもともと「エフェドリン」!?
第27回 一般用医薬品と医療用医薬品、同じ成分でも使用目的は異なる?

ページの先頭へ戻る