HOME > お薬コラム一覧 > 第15回 ノロウイルスは漂白剤でやっつける?

ノロウイルスは漂白剤でやっつける?

冬場になると各地で猛威を振るうノロウイルス。 インフルエンザウイルスなどと流行する時期も重なる場合もあり、医療関係者や高齢者施設のスタッフなどにとっても脅威の存在です。


ノロウイルスのやっかいな点の一つは、一般的によく使われているアルコール含有の消毒剤(消毒用エタノールなど)による消毒効果があまり期待できないところにあります。 ノロウイルスには85℃以上の熱湯による1分以上の加熱処置などが感染防止の方法になり、次亜塩素酸ナトリウムによる消毒も方法の一つです。


次亜塩素酸ナトリウムを含む消毒剤は、病院や施設用の商品もありますが、一般的には家庭用の漂白剤でも代用できます。家庭用の漂白剤で、次亜塩素酸ナトリウムを5~6%程含むものがありますが、(他の濃度の商品もあります) これを希釈してノロウイルスの消毒剤を作ることが可能です。



次亜塩素酸ナトリウムの消毒液では、一般的に濃度をあらわす言葉でppm(パーツ・パー・ミリオン)という単位を使います。
詳細に関しては割愛しますが、「%」であらわすと「1ppm=0.0001%」です。ノロウイルス消毒では、200ppm(0.02%)と1000ppm(0.1%)の二つの濃度が消毒の指標となり、200ppm消毒液は、主に調理器具、床、トイレのドアノブや便座などの消毒に用い、1000ppm消毒液は主にノロウイルス感染者の嘔吐物や便などへの消毒に用います。


消毒=アルコールではなく、ウイルスによって消毒法が異なる場合があることを理解し、状況に合わせた感染症対策をすることが大切です。


★腕試し
消毒に関する次の記述で正しいものはどれか選びましょう。

  1. 感染症はすべて細菌や真菌の感染によって引き起こされる。
  2. ノロウイルス感染症に対して消毒用エタノールの消毒液による対策をとった。
  3. 消毒液を誤って吸引してしまったので、新鮮な空気がある場所へと移動した。
  4. ベンザルコニウム塩化物は陰イオン性の界面活性剤に分類される。
  5. 物質中のすべての微生物を殺滅または除去することを消毒という。

↓解答・解説はこちら↓

  1. 感染症はすべて細菌や真菌の感染によって引き起こされる。
    ⇒「×」 細菌や真菌の他、ウイルスなどによっても引き起こされます。
  2. ノロウイルス感染症に対して消毒用エタノールの消毒液による対策をとった。
    ⇒「×」 ノロウイルスにはエタノールの効果があまり期待できないため、一般的に次亜塩素酸ナトリウムによる消毒液などが対策としてとられます。
  3. 消毒液を誤って吸引してしまったので、新鮮な空気がある場所へと移動した。
    ⇒「○」 意識がない場合は、新鮮な空気がある場所へ運び人工呼吸をするなど適切に対処します。
  4. ベンザルコニウム塩化物は陰イオン性の界面活性剤に分類される。
    ⇒「×」 陽イオン性の界面活性剤に分類されます。
  5. 物質中のすべての微生物を殺滅または除去することを消毒という。
    ⇒「×」 問題文は滅菌に関しての記述です。
    消毒は病原微生物(または目的の微生物)を殺滅し、その微生物が感染源になることを防ぐ操作をいいます。
お薬コラム
第1回 試験によく出るポイント (1)『プラセボ効果』
第2回 試験によく出るポイント (2)『飲み合わせ』
第3回 〈漢方特集〉生薬・漢方の原点に返る
第4回 〈漢方特集〉男の漢方‐夏の食とおすすめ漢方
第5回 〈漢方特集〉女の漢方-夏本番「気」を鎮める方向が一番
第6回 〈漢方特集〉知って得する「肝臓とカンゾウ(甘草)」
第7回 臓器の活躍に注目。「膵臓」の重要性!
第8回 グレープフルーツだけじゃない?医薬品の作用に影響を与える柑橘類とは
第9回 薬との相互作用があるシメチジン、本当は使いやすい薬?
第10回 喘息治療を受けている人はご用心!? カフェインと喘息治療薬について
第11回 長引く風邪には葛根湯より他の漢方薬を選ぶ方がいい!?
第12回 吐き気、二日酔いにも漢方薬が効く!?
第13回 漢方薬の選択は人それぞれ違う!?
第14回 めまいと漢方薬は相性がいい!?
第15回 ノロウイルスは漂白剤でやっつける?
第16回 てんぷらのお供の大根おろしは消化剤?
第17回 ニコチン置換療法だけじゃない!? 禁煙をサポートする飲み薬とは?
第18回 止まらない咳の原因は胃酸だった!?
第19回 花粉症治療薬と胃薬、関わる体内物質はどちらもヒスタミン?
第20回 目薬をさした後に苦みを感じたら要注意かも!?
第21回 飲み薬じゃなくても胃痛・胸やけはあらわれる!?
第22回 腎臓の働きと逆転の発想で生まれた糖尿病治療薬
第23回 骨を丈夫にする治療は年一回の時代へ(?)
第24回 頭痛にも漢方薬が効果あり?
第25回 薬害を引き起こしたサリドマイドの意外(?)な領域での復活
第26回 多くの人の人生を狂わす覚醒剤はもともと「エフェドリン」!?
第27回 一般用医薬品と医療用医薬品、同じ成分でも使用目的は異なる?

ページの先頭へ戻る