HOME > お薬コラム一覧 > 第18回 止まらない咳の原因は胃酸だった!?

第18回 止まらない咳の原因は胃酸だった!?

「咳」というと、風邪(感冒)や肺炎など呼吸器の病気をイメージするかもしれませんが、咳止めを飲んでも続く咳の原因が実は「胃酸」であることも考えられます。
胃酸には強い酸である塩酸が主に含まれ、食べ物の消化や殺菌などに不可欠ですが、過度に分泌されることで胃粘膜への攻撃因子や胃潰瘍などの増悪因子にもなります。


胃酸を含む胃液が、胃から食道へ逆流して食道粘膜にただれ(炎症)がおきる病気を逆流性食道炎といいますが、この胃酸が逆流している状態であらわれる症状の一つに「咳」があります。


この「咳」は、胃液の逆流により食道下部にある神経を刺激することや胃酸が、喉まで逆流し気管から肺に入ってしまうことなどが原因とされるため、風邪などで使う一般的な咳止めを使っても効果が得られにくいのです。
逆流性食道炎による「咳」の症状を改善するためには、病院やクリニックなどの受診を経て、PPI(プロトンポンプ阻害薬)やH2受容体拮抗薬(通称:H2ブロッカー)などの胃酸抑制薬による治療を行うことが一般的です。


咳止めを使ってもなかなか咳が止まらない・・・、そんな症状を訴える人には、消化器内科などへの受診を勧めてみるのも一つです。



★腕試し
消化管に作用する医薬品に関する次の記述で正しいものはどれか選びましょう。

  1. 胃酸は食べ物の消化や殺菌などを行うため、胃内で増えるほど健康の増進につながる。
  2. ファモチジンは主にアセチルコリンの作用を抑えることで胃酸分泌を抑える。
  3. 緑内障の治療を受けている人にロートエキスを含む下痢止めを勧めた。
  4. ダイオウなどの腸を刺激する下剤は流産や早産を誘発するおそれがあるため、安易に妊婦に勧めるべきではない。
  5. トリメブチンは主に胃酸分泌抑制作用により下痢や便秘などの胃腸症状を改善する。

↓解答・解説はこちら↓

  1. 胃酸は食べ物の消化や殺菌などを行うため、胃内で増えるほど健康の増進につながる。
    ⇒「×」 胃酸の分泌が過度になると、胃潰瘍や逆流性食道炎などの増悪因子となる可能性が高くなります。
  2. ファモチジンは主にアセチルコリンの作用を抑えることで胃酸分泌を抑える。
    ⇒「×」 ファモチジンなどのH2受容体拮抗薬(通称:H2ブロッカー)は、主にヒスタミンの作用を抑えることで、胃酸分泌抑制作用をあらわします。
  3. 緑内障の治療を受けている人にロートエキスを含む下痢止めを勧めた。
    ⇒「×」 散瞳や眼圧の変動などがあらわれることで緑内障の悪化を引き起こす可能性があります。
  4. ダイオウなどの腸を刺激する下剤は流産や早産を誘発するおそれがあるため、安易に妊婦に勧めるべきではない。
    ⇒「○」
  5. トリメブチンは主に胃酸分泌抑制作用により下痢や便秘などの胃腸症状を改善する。
    ⇒「×」 主に消化管運動を調節することにより過敏性腸症候群などの症状を改善する作用をあらわします。
お薬コラム
第1回 試験によく出るポイント (1)『プラセボ効果』
第2回 試験によく出るポイント (2)『飲み合わせ』
第3回 〈漢方特集〉生薬・漢方の原点に返る
第4回 〈漢方特集〉男の漢方‐夏の食とおすすめ漢方
第5回 〈漢方特集〉女の漢方-夏本番「気」を鎮める方向が一番
第6回 〈漢方特集〉知って得する「肝臓とカンゾウ(甘草)」
第7回 臓器の活躍に注目。「膵臓」の重要性!
第8回 グレープフルーツだけじゃない?医薬品の作用に影響を与える柑橘類とは
第9回 薬との相互作用があるシメチジン、本当は使いやすい薬?
第10回 喘息治療を受けている人はご用心!? カフェインと喘息治療薬について
第11回 長引く風邪には葛根湯より他の漢方薬を選ぶ方がいい!?
第12回 吐き気、二日酔いにも漢方薬が効く!?
第13回 漢方薬の選択は人それぞれ違う!?
第14回 めまいと漢方薬は相性がいい!?
第15回 ノロウイルスは漂白剤でやっつける?
第16回 てんぷらのお供の大根おろしは消化剤?
第17回 ニコチン置換療法だけじゃない!? 禁煙をサポートする飲み薬とは?
第18回 止まらない咳の原因は胃酸だった!?
第19回 花粉症治療薬と胃薬、関わる体内物質はどちらもヒスタミン?
第20回 目薬をさした後に苦みを感じたら要注意かも!?
第21回 飲み薬じゃなくても胃痛・胸やけはあらわれる!?
第22回 腎臓の働きと逆転の発想で生まれた糖尿病治療薬
第23回 骨を丈夫にする治療は年一回の時代へ(?)
第24回 頭痛にも漢方薬が効果あり?
第25回 薬害を引き起こしたサリドマイドの意外(?)な領域での復活
第26回 多くの人の人生を狂わす覚醒剤はもともと「エフェドリン」!?
第27回 一般用医薬品と医療用医薬品、同じ成分でも使用目的は異なる?

ページの先頭へ戻る