HOME > お薬コラム一覧 > 第25回 薬害を引き起こしたサリドマイドの意外(?)な領域での復活

第25回 薬害を引き起こしたサリドマイドの意外(?)な領域での復活

サリドマイド製剤は、1950年代後半に催眠鎮静薬として発売され、妊婦のつわり予防やその鎮静作用などにより胃腸薬にも配合された薬でした。


しかし、副作用の血管新生を妨げる作用などから強い催奇性をあらわし、妊婦が摂取した場合、胎盤関門を通過し胎児に移行します。


胎児の成長の過程では、諸器官の形成のため、細胞分裂が必要となり、これには血管新生が必要です。胎児に移行したサリドマイドの成分により、血管新生が妨げられ結果、四肢の欠損、視聴覚などの感覚器の障害、心肺機能の障害など先天異常が発生しました。



日本においては、1960年代に出生児に先天異常が発生したことに対して、国や製薬会社を被告として、損害賠償訴訟がおこり(1970年代に和解が成立)、世界的にも副作用情報の収集体制整備などが見直されるきっかけになりました。


このように、痛ましい薬害を引き起こしたサリドマイドですが、近年、多発性骨髄腫などのがんや難病に対する治療法の選択肢となっています。これは、薬害を引き起こす要因となった血管新生を妨げる作用などを利用することで、がん細胞の増殖を抑える効果などが期待できるからです。


サリドマイド(及びサリドマイドに類似した化学構造を持つ薬剤)には、NK(ナチュラルキラー)細胞やT細胞など免疫系の増強・調節作用なども期待できると考えられています。 もちろん、催奇形性に注意することは大前提で、避妊や薬剤の保管などに関する安全管理手順に沿って治療が行われています。


★腕試し
医薬品の適正使用や安全対策に関する次の記述で正しいものはどれか選びましょう。

  1. 医薬品に関する安全性速報は医薬品または医療機器について重要かつ緊急な情報伝達が必要な場合に厚生労働省の指示に基づき出される印刷物で、その背景色が黄色であることからイエローレターとも呼ばれる。
  2. 一般用検査薬の使用による健康被害は医薬品副作用被害救済制度の対象とならない。
  3. 解熱鎮痛成分のアミノピリン、スルピリンが配合されたアンプル入り風邪薬の使用による重篤な副作用(ショック)を受けて、現在ピリン系の成分は一般用医薬品には使われていない。
  4. 塩酸プソイドエフェドリンは配合された一般用医薬品において脳出血などの副作用が複数報告されたため、現在では代替成分として塩酸フェニルプロパノールアミン(PPA)が使われている。
  5. 一般用風邪薬は医療用医薬品に比べ作用が緩徐であることから、間質性肺炎に対する注意は必要ない。

↓解答・解説はこちら↓

  1. 医薬品に関する安全性速報は医薬品または医療機器について重要かつ緊急な情報伝達が必要な場合に厚生労働省の指示に基づき出される印刷物で、その背景色が黄色であることからイエローレターとも呼ばれる。
    ⇒「×」記述は緊急安全性情報に関するもの。安全性速報はブルーレターと呼ばれ、背景色が青色です。
  2. 一般用検査薬の使用による健康被害は医薬品副作用被害救済制度の対象とならない。
    ⇒「○」 他に対象とならない医薬品として、一般用医薬品では殺虫剤などがあります。
  3. 解熱鎮痛成分のアミノピリン、スルピリンが配合されたアンプル入り風邪薬の使用による重篤な副作用(ショック)を受けて、現在ピリン系の成分は一般用医薬品には使われていない。
    ⇒「×」 イソプロピルアンチピリン(IPA)が使われています。
  4. 塩酸プソイドエフェドリンは配合された一般用医薬品において脳出血などの副作用が複数報告されたため、現在では代替成分として塩酸フェニルプロパノールアミン(PPA)が使われている。
    ⇒「×」 塩酸フェニルプロパノールアミンの代替成分として現在使われているのが塩酸プソイドエフェドリンであります。
  5. 一般用風邪薬は医療用医薬品に比べ作用が緩徐であることから、間質性肺炎に対する注意は必要ない。
    ⇒「×」 一般用風邪薬によると疑われる間質性肺炎の報告はあり注意が必要です。
お薬コラム
第1回 試験によく出るポイント (1)『プラセボ効果』
第2回 試験によく出るポイント (2)『飲み合わせ』
第3回 〈漢方特集〉生薬・漢方の原点に返る
第4回 〈漢方特集〉男の漢方‐夏の食とおすすめ漢方
第5回 〈漢方特集〉女の漢方-夏本番「気」を鎮める方向が一番
第6回 〈漢方特集〉知って得する「肝臓とカンゾウ(甘草)」
第7回 臓器の活躍に注目。「膵臓」の重要性!
第8回 グレープフルーツだけじゃない?医薬品の作用に影響を与える柑橘類とは
第9回 薬との相互作用があるシメチジン、本当は使いやすい薬?
第10回 喘息治療を受けている人はご用心!? カフェインと喘息治療薬について
第11回 長引く風邪には葛根湯より他の漢方薬を選ぶ方がいい!?
第12回 吐き気、二日酔いにも漢方薬が効く!?
第13回 漢方薬の選択は人それぞれ違う!?
第14回 めまいと漢方薬は相性がいい!?
第15回 ノロウイルスは漂白剤でやっつける?
第16回 てんぷらのお供の大根おろしは消化剤?
第17回 ニコチン置換療法だけじゃない!? 禁煙をサポートする飲み薬とは?
第18回 止まらない咳の原因は胃酸だった!?
第19回 花粉症治療薬と胃薬、関わる体内物質はどちらもヒスタミン?
第20回 目薬をさした後に苦みを感じたら要注意かも!?
第21回 飲み薬じゃなくても胃痛・胸やけはあらわれる!?
第22回 腎臓の働きと逆転の発想で生まれた糖尿病治療薬
第23回 骨を丈夫にする治療は年一回の時代へ(?)
第24回 頭痛にも漢方薬が効果あり?
第25回 薬害を引き起こしたサリドマイドの意外(?)な領域での復活
第26回 多くの人の人生を狂わす覚醒剤はもともと「エフェドリン」!?
第27回 一般用医薬品と医療用医薬品、同じ成分でも使用目的は異なる?

ページの先頭へ戻る