HOME > お薬コラム一覧 > 第26回 多くの人の人生を狂わす覚醒剤はもともと「エフェドリン」!?

第26回 多くの人の人生を狂わす覚醒剤はもともと「エフェドリン」!?

残念ながら後を絶たない薬物乱用のニュース。
日本では、特に「覚せい剤」による事件が多発し社会に影を落としています。


覚せい剤とは、主にアンフェタミン、メタンフェタミン、及びこれらの塩類を含むもので「覚せい剤取締法」で規制されている薬物です。中でも、メタンフェタミンは第二次世界大戦中、軍需工場の労働者が徹夜で作業を行うために日本で合成された覚せい剤で、エフェドリンを基にして造られた成分になります。


エフェドリンは、主に交感神経を興奮させ、気管支拡張作用などをあらわすことで呼吸器症状の改善などに使われます。また風邪(感冒)の初期に適する漢方薬の葛根湯(カッコントウ)の構成生薬の一つである麻黄(マオウ)もエフェドリンを成分として含んでいます。


このエフェドリンで注意すべき副作用に、交感神経の興奮による動悸、頻脈、血圧上昇などがあり、依存性も少なからずあるため用法・用量を守った使用が重要です。



もちろん医療で使われるエフェドリン(及び塩酸プソイドエフェドリンなどの類似成分)と覚せい剤のメタンフェタミンではその覚醒作用や依存性、危険性などは比にならないのですが、エフェドリンの注意事項を理解することは、覚せい剤の作用やその危険性などを理解する上で大切です。


毎年6月20日~7月19日までのひと月の期間、国、自治体、関係団体などにより、「ダメ。ゼッタイ。」普及運動が実施されています。
また、青少年の薬物乱用防止に対して小中学生のうちから学校薬剤師などによる啓発や乱用防止への教育が行われています。


社会全体で薬物乱用防止へ取り組む必要があり、その中でも、医療従事者による啓発活動は特に重要といえます。


★腕試し
医薬品の適正使用に関する次の記述で正しいものはどれか選びなさい。

  1. 登録販売者は、購入者の状況によっては一般用医薬品を販売せずに、医療機関の受診を勧めることも必要である。
  2. 医薬品副作用被害救済制度の救済給付業務に必要な費用はすべて製薬会社からの拠出金で賄われている。
  3. 医薬品は人の健康の増進などに必要なものであるため、製造物責任法(PL法)の対象とはならない。
  4. 一般用医薬品では薬物乱用の問題が生じることはない。
  5. 毎年10月17日~23日の一週間は、薬物乱用防止の推進を目的とした「ダメ。ゼッタイ。」普及運動が実施されている。

↓解答・解説はこちら↓

  1. 登録販売者は、購入者の状況によっては一般用医薬品を販売せずに、医療機関の受診を勧めることも必要である。
    ⇒「○」 購入者の状況によっては医療機関の受診を勧めたり、医薬品の使用によらない対処が適切な場合も考えられます。
  2. 医薬品副作用被害救済制度の救済給付業務に必要な費用はすべて製薬会社からの拠出金で賄われている。
    ⇒「×」 製薬会社からの拠出金と国からの補助(国庫補助)によって賄われています。
  3. 医薬品は人の健康の増進などに必要なものであるため、製造物責任法(PL法)の対象とはならない。
    ⇒「×」 医薬品もPL法の対象となります。
  4. 一般用医薬品では薬物乱用の問題が生じることはない。
    ⇒「×」 一般用医薬品の乱用をきっかけに、覚せい剤などの違法な薬物の乱用につながることもあります。
  5. 毎年10月17日~23日の一週間は、薬物乱用防止の推進を目的とした「ダメ。ゼッタイ。」普及運動が実施されている。
    ⇒「×」 10月17日~23日は「薬と健康の週間」で、「ダメ。ゼッタイ。」普及運動の実施は、毎年6月20日~7月19日までの1カ月間で行われています。
お薬コラム
第1回 試験によく出るポイント (1)『プラセボ効果』
第2回 試験によく出るポイント (2)『飲み合わせ』
第3回 〈漢方特集〉生薬・漢方の原点に返る
第4回 〈漢方特集〉男の漢方‐夏の食とおすすめ漢方
第5回 〈漢方特集〉女の漢方-夏本番「気」を鎮める方向が一番
第6回 〈漢方特集〉知って得する「肝臓とカンゾウ(甘草)」
第7回 臓器の活躍に注目。「膵臓」の重要性!
第8回 グレープフルーツだけじゃない?医薬品の作用に影響を与える柑橘類とは
第9回 薬との相互作用があるシメチジン、本当は使いやすい薬?
第10回 喘息治療を受けている人はご用心!? カフェインと喘息治療薬について
第11回 長引く風邪には葛根湯より他の漢方薬を選ぶ方がいい!?
第12回 吐き気、二日酔いにも漢方薬が効く!?
第13回 漢方薬の選択は人それぞれ違う!?
第14回 めまいと漢方薬は相性がいい!?
第15回 ノロウイルスは漂白剤でやっつける?
第16回 てんぷらのお供の大根おろしは消化剤?
第17回 ニコチン置換療法だけじゃない!? 禁煙をサポートする飲み薬とは?
第18回 止まらない咳の原因は胃酸だった!?
第19回 花粉症治療薬と胃薬、関わる体内物質はどちらもヒスタミン?
第20回 目薬をさした後に苦みを感じたら要注意かも!?
第21回 飲み薬じゃなくても胃痛・胸やけはあらわれる!?
第22回 腎臓の働きと逆転の発想で生まれた糖尿病治療薬
第23回 骨を丈夫にする治療は年一回の時代へ(?)
第24回 頭痛にも漢方薬が効果あり?
第25回 薬害を引き起こしたサリドマイドの意外(?)な領域での復活
第26回 多くの人の人生を狂わす覚醒剤はもともと「エフェドリン」!?
第27回 一般用医薬品と医療用医薬品、同じ成分でも使用目的は異なる?

ページの先頭へ戻る