HOME > お薬コラム一覧 > 第27回 一般用医薬品と医療用医薬品、同じ成分でも使用目的は異なる?

第27回 一般用医薬品と医療用医薬品、同じ成分でも使用目的は異なる?

一般用医薬品が、薬局やドラッグストアなどで購入者自身が自分で選んで買えるのに対し、医療用医薬品とは、医師または歯科医師によって使用され、または、これらの者の処方箋もしくは指示によって使用されることを目的として供給されるものです。


医療用医薬品の中でも処方せん医薬品はさらに厳格な管理が必要な医薬品であり、病院、診療所、薬局などへの販売(授与を含む)する場合を除き、医師などからの処方箋の交付を受けた者以外に対して正当な理由なく販売を行ってはならない医薬品となっています。
(詳しくは割愛しますが、大規模な災害時などにおいて、医師等の受診が困難な時など特別な場合では販売が認められるケースもあります。)


一般用医薬品と医療用医薬品の違いは他にもあり例えば「用量」における違いがあります。


医療用医薬品では、医師や歯科医師が医学的見地から患者の状態を診て、用量を適宜増減する場合がありますが、一般用医薬品では、年齢に応じて服用量が定められているなどそれを使用する一般の生活者による判断の余地は限られます。


医療用医薬品から一般用医薬品にスイッチされた、スイッチOTCの代表薬でもあるファモチジン(商品名:ガスター®など)を例とするなら、医療用医薬品におけるファモチジン錠の高用量規格は、20mg(ガスター®錠20mgなど)ですが、一般用医薬品におけるファモチジンの一回量は10mg(ガスター10など)です。


また、医療用医薬品のファモチジンが、消化性潰瘍や逆流性食道炎など具体的な疾患の治療を主とするのに対して、一般用医薬品のファモチジンは、胃痛や胸やけなどあくまで一時的な症状を改善する薬としているところも異なります。
(実際に一般用医薬品のファモチジン製剤の説明文書には、3日間服用しても症状の改善がみられない場合は医師や薬剤師に相談するなどの記載がされています。)



一般用医薬品を取り扱う場合、医療用医薬品との法的な違いだけでなく、使用目的などの違いを理解し、適切なセルフメディケーションにつなげることが大切です。


★腕試し
薬事関連法規・制度に関する次の記述で正しいものはどれか選びましょう。

  1. 日本薬局方に収められている物には医薬品以外の物もある。
  2. 医薬品には、人または動物の身体の構造や機能に影響を及ぼすことが目的とされている物も含まれる。
  3. 生物由来製品には医療機器は含まれない。
  4. 毒薬、劇薬は他のものと区別して貯蔵、陳列しなければならない。
  5. 毒薬は、都道府県知事が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定する。

↓解答・解説はこちら↓

  1. 日本薬局方に収められている物には医薬品以外の物もある。
    ⇒「×」 日本薬局方に収められている物はすべて医薬品であります。
  2. 医薬品には、人または動物の身体の構造や機能に影響を及ぼすことが目的とされている物も含まれる。
    ⇒「○」
  3. 生物由来製品には医療機器は含まれない。
    ⇒「×」 生物由来製品には医薬品の他、医療機器や医薬部外品なども含まれます。
  4. 毒薬、劇薬は他のものと区別して貯蔵、陳列しなければならない。
    ⇒「○」
  5. 毒薬は、都道府県知事が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定する。
    ⇒「×」 指定するのは都道府県知事ではなく厚生労働大臣です。
お薬コラム
第1回 試験によく出るポイント (1)『プラセボ効果』
第2回 試験によく出るポイント (2)『飲み合わせ』
第3回 〈漢方特集〉生薬・漢方の原点に返る
第4回 〈漢方特集〉男の漢方‐夏の食とおすすめ漢方
第5回 〈漢方特集〉女の漢方-夏本番「気」を鎮める方向が一番
第6回 〈漢方特集〉知って得する「肝臓とカンゾウ(甘草)」
第7回 臓器の活躍に注目。「膵臓」の重要性!
第8回 グレープフルーツだけじゃない?医薬品の作用に影響を与える柑橘類とは
第9回 薬との相互作用があるシメチジン、本当は使いやすい薬?
第10回 喘息治療を受けている人はご用心!? カフェインと喘息治療薬について
第11回 長引く風邪には葛根湯より他の漢方薬を選ぶ方がいい!?
第12回 吐き気、二日酔いにも漢方薬が効く!?
第13回 漢方薬の選択は人それぞれ違う!?
第14回 めまいと漢方薬は相性がいい!?
第15回 ノロウイルスは漂白剤でやっつける?
第16回 てんぷらのお供の大根おろしは消化剤?
第17回 ニコチン置換療法だけじゃない!? 禁煙をサポートする飲み薬とは?
第18回 止まらない咳の原因は胃酸だった!?
第19回 花粉症治療薬と胃薬、関わる体内物質はどちらもヒスタミン?
第20回 目薬をさした後に苦みを感じたら要注意かも!?
第21回 飲み薬じゃなくても胃痛・胸やけはあらわれる!?
第22回 腎臓の働きと逆転の発想で生まれた糖尿病治療薬
第23回 骨を丈夫にする治療は年一回の時代へ(?)
第24回 頭痛にも漢方薬が効果あり?
第25回 薬害を引き起こしたサリドマイドの意外(?)な領域での復活
第26回 多くの人の人生を狂わす覚醒剤はもともと「エフェドリン」!?
第27回 一般用医薬品と医療用医薬品、同じ成分でも使用目的は異なる?

ページの先頭へ戻る